男性生殖器の病気

男性生殖器Z-2 男性:付属生殖腺・その他 目次

V 付属生殖腺 W 陰嚢 X 陰茎 Y 射精

歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
川村明宏のジニアス記憶術
川村明宏のジニアス記憶術

V付属生殖腺

1)精嚢

精嚢は膀胱底のうしろにある左右一対の紡錘形をした細長い器官です。 粘膜には多数のヒダがあり、上皮は粘液を分泌します。 この粘液は、精子の運動をうながし、またエネルギー源となる果糖を供給します。

2)前立腺

膀胱底の下に位置するクリの実の様な形をした大きな腺器官で、数十の細管(前立腺管)をもって尿道に開き 間質は多量の平滑筋が存在しています。 前立腺には尿道と左右の射精管が通っています。 前立腺の分泌物は乳白色をした漿液性の液体で、尿道中に分泌します。

※前立腺は肛門から指を挿入して直腸側から触診することができます。

高齢者の排尿困難

高齢になるとこの部分が肥大して前立腺が尿道を圧迫し、尿道狭窄を起こして排尿困難になることがあります。

3)尿道球腺(カウパー腺)

前立腺の下で尿道の後端部に位置し、左右一対の粘液腺で小さい球状をなしています。 短い導線が尿道に開いていて、アルカリ性無色透明の粘液で射精に先立ち陰茎亀頭を潤す役目をします。

W陰茎

男性の交接器であり、同時に尿道が通っている泌尿器の一部です。 陰茎の内部は海綿体で、静脈洞が発達しています。

☆陰茎癌: 陰茎のうち、亀頭部、包茎内板、冠状溝にかけて発生する。

X 陰嚢

陰嚢は男性の外性器です。 精巣(睾丸)、精巣状態(副睾丸)および精管をいれる嚢状の器官で 皮膚は薄く色素に富んでいて皮下脂肪を持ちません。 中隔によって左右に仕切られています。

Y 射精

性的興奮によって男性性器からの求心性刺激が加重されて一定度に達すると 精管および付近の筋肉が収縮して精液を尿道におくり、さらに球海綿体、座骨海綿体筋の収縮が加わって尿道口より射出します。
これを射精といいます。 射精中枢は仙髄にあります。

ページトップに戻る↑