皮膚の構造皮膚の病気

皮膚系]T-1 皮膚の構造目次

T 皮膚の構造

皮膚の病気は限局性の皮膚の細胞異常による病気、全身性の病気や腫瘍性病気 熱傷などの外傷、感染症など多岐にわたっています。 皮膚は、身体を機械的に保護してその乾燥を防いだり 感覚、その他のはたらきをもっている膜です。 成人では約1.6平方mの面積と体重の約14〜16%の重さをもっています。 かなり大きな割合を占めていますよね! 皮膚だけの重さだけで約3kg、皮下の脂肪組織を加えると約9kgになります。 皮膚の厚さは場所によってかなり違ってきます。 大部分は2mm前後の厚さで、約0.5〜3.5mmくらい。 一般にからだの背側、伸側で厚くなっていて、腹側、屈側で薄くなっています。 老人や小児は全体的に薄いです。 皮膚は、表皮と真皮、皮下組織の3層にわかれています。 表皮は顕微鏡で見ると、さらに数層に区別されます。

歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
川村明宏のジニアス記憶術
川村明宏のジニアス記憶術

T 皮膚の構造

表皮の一番外側の層は、上皮細胞という扁平な細胞が重なった膜からできていて 表面の一部は角化している(角質層・かくしつそうといいます)。 この部分の細胞は死んだ細胞で、これは垢となって、しだいに剥離・脱落していきます。

角質層は手掌および足底がもっとも厚くなっています。 角質層の下には胚芽層があり、この胚芽層で細胞の増殖がおこなわれて 剥離していった上皮細胞を補給しています。

表皮の厚さは、手掌で約0.7mm、足の裏で約1.3mm、その他の部分は0.1〜0.5mmぐらいです。 上皮細胞は互いが微細な繊維で連結しており、上皮細胞どうしの間にわずかな隙間ができています。

この隙間は、表皮の全層を通じて連絡していて 全体としてみると各細胞のまわりに複雑な通路ができているように見えます。 これを細胞間迷路といいます。

この隙間には、血管からしみでてきた液体(細胞間液)が充満していますが 皮膚の最表層には隙間がないので、乾燥しています。

表皮から水分が蒸発するのは、この液体が皮層の最表層を通じてでてくるからなのです・・・

皮膚の最表層は、この水分の蒸発によって適度の湿度を保持しています。

真皮は表皮の下にある強靭な層で、網状にはしる結合組織からなり、神経や血管が豊富です。

皮下組織は一番深い層です。
皮下組織には脂肪細胞が多く存在していて、この部分を一般に皮下脂肪と呼んでいます。 皮下組織にも神経や血管・リンパ管がよく発達していて、栄養分を貯蔵したり体温を保持する役割を担っています。

ページトップに戻る↑