>お気に入りに追加

今話題の病気の助けになる書籍を集めました。

オススメ度 価格:1,050円
高血圧 自分で測る・自分で下げる別冊NHKきょうの健康 著者:島田和幸出版社:日本放送出版協会サイズ:ムックその他ページ数:111p発行年月:2007年01月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 家庭の医学 >>詳細を見る
オススメ度 価格:720円
高血圧は薬で下げるな! 角川oneテーマ21 著者:浜六郎出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:新書ページ数:204p発行年月:2005年09月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)血圧180/100まで治療はいらない。高血圧の基準値に疑問あり!薬で下げるこれだけの危険。降圧剤が寿命を縮める?!降圧剤に頼らずに賢く血圧をコントロールする方法。【目次】(「BOOK」データベースよ ... >>詳細を見る
オススメ度 価格:2,100円
高血圧治療ガイドライン(2004) 著者:日本高血圧学会出版社:日本高血圧学会/ライフサイエンス出版サイズ:単行本ページ数:131p発行年月:2005年02月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 医学 >>詳細を見る
オススメ度 価格:1,260円
高血圧をらくらく下げるコツがわかる本 自分で、すぐできる!高血圧リセット法 著者:猿田享男/足立香代子出版社:永岡書店サイズ:単行本ページ数:191p発行年月:2006年01月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 家庭の医学 >>詳細を見る
オススメ度 価格:1,470円
高血圧の食事 NHKきょうの料理 著者:本多京子/斉藤郁夫出版社:日本放送出版協会サイズ:単行本ページ数:143p発行年月:2004年12月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)高血圧の予防と治療には、食事の注意が何よりも重要。本書は、家庭でどなたにも無理なくつくれて、おいしく味わえる治療食を紹介している。【目次】(「BOOK」データベースより)毎日役立つ高血圧の食事レシピ( ... >>詳細を見る
オススメ度 価格:1,050円
ちょっと気になる高血圧 オレンジページブックス 著者:小田真規子/板倉弘重出版社:オレンジページサイズ:ムックその他ページ数:95p発行年月:2005年07月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 家庭の医学 >>詳細を見る
オススメ度 価格:1,449円
高血圧とうまくつき合うために読む本 今日からできる血圧を下げる習慣気ままにホームドクターシリーズ 著者:斉藤郁夫出版社:技術評論社サイズ:単行本ページ数:126p発行年月:2005年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)誰でもつくれるレシピ、いつでもできる運動、すぐに試せる生活のコツ。家庭で役立つ高血圧の予防と治療の方法について分かりやすく解説。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 ... >>詳細を見る
オススメ度 価格:1,680円
処方箋からみた服薬指導マネージャー(高血圧薬・虚血性心疾患薬編)改訂版 著者:医・薬研究会/中谷矩章出版社:ブレーン出版サイズ:単行本ページ数:147p発行年月:2003年04月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)最新版の高血圧治療ガイドライン、動脈硬化性疾患診療ガイドラインに沿って大幅改訂。【目次】(「BOOK」データベースより)高血圧治療薬(降圧薬)/高血圧治療薬?実践的服薬指導例/銘柄別副作用・相互作用一覧表/虚血性心疾患治 ... >>詳細を見る
オススメ度 価格:999円
高血圧の常識・非常識 著者:土橋卓也出版社:西日本新聞社サイズ:単行本ページ数:102p発行年月:2006年04月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)高血圧の疑問に答え、うまく付き合う方法を専門家が解説。血圧が高い人、最近ちょっと数値が気になる人、必読の書。【目次】(「BOOK」データベースより)血圧とは??上の血圧、下の血圧/高血圧の原因?なぜ血圧は高くなるの?/高血圧の診断?血 ... >>詳細を見る
オススメ度 価格:735円
知らないと怖い高血圧 平凡社新書 著者:藤田敏郎出版社:平凡社サイズ:新書ページ数:189p発行年月:2007年04月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)日本人の四人に一人が高血圧患者?高血圧が怖いのは、症状が出ずに深く潜行し、他の要因と結びついて、生命を脅かす病気となって出現することだ。それを防ぐには自覚症状が出てからでは遅い。では、どうすればよいのか?脳卒中、心筋梗塞のリスクを ... >>詳細を見る
このページのトップに戻る
このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。