血液の性質・機能・成分

血液系V-1 血液の性質・機能・成分 目次 T 血液の性質 U 血液の機能 V 血液の成分

血液病気は赤血球の異常 (各種の貧血・鉄欠乏性貧血、サラセミア、鎌状赤血球症、再生不良性貧血 発作性夜間血色素尿症、メトヘモグロビン血症など) 白血球系の異常 (白血病・急性白血病、骨髄異形成症候群、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病 成人T細胞白血病、骨髄繊維腫、悪性リンパ腫・ホジキン病など) 出血性の病気 (血小板無力症、フォンビレブラント病、特発性血小板減少性紫斑病、血友病など) に分けられます。

人体の中の血液は、栄養分や老廃物などの物質の輸送係をつとめています。 そして循環器系は 血液をからだの隅々にまで送りだす役割をはたしているのです。 血液によって運搬され、免疫などにかかわるのがリンパ系となります。 全身に分布する血液は、もっとも量が多い部位の順番に 静脈、次に肺、動脈、肝臓と膵臓、心臓そして全身の毛細血管になっています。 一部の血液は肝臓と脾臓に貯えられます。

歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
川村明宏のジニアス記憶術
川村明宏のジニアス記憶術

T 血液の性質

血液のpH(酸、アルカリ度)は弱アルカリ性(pH7・2〜7.4)で 比重は水よりやや重くおよそ1・055〜1・066くらいです。 その血液の量は体重の1/10から1/13で、成人にすると5〜6リットルとなります。 血液の1/3以上が血管外へ流出してしまうと 生命が危険となります。

U 血液の機能

1)運搬作用

血液の流れによって糖質や脂質などの栄養物質や代謝産物 電解質、ホルモンなどを運搬しています。

2)内部環境の維持(排泄や体温の調節)

各組織にできた蛋白質の分解産物、その他の老廃物や余分の水分を 血液の流れによって腎臓やほかの排泄器官に運んで排泄させます。 また、骨格筋などで生じた熱を血液により全身に運び(拡散)、体温を常に一定に保っています。

3)生体防御作用

血液中には 抗毒素のような免疫体や病原菌を食い殺す白血球がありこれらによってからだを保護します。

V 血液の成分

血液は、液状成分(血奨)と有形成分(細胞成分=血球成分)とにわけられます。 容量中の45%が血球成分です。

●液状成分(血奨)‥・……血清とフイブリノーゲン(線維素原)

●有形成分(血球)……‥・赤血球、白血球、血小板

血液の液状成分は、血液を固まらない状態で分離した場合にできる血漿と
血液をいったん凝固させた後にできる血清に区別されます。

つまり 同じ液状成分といっても 血液が固まる前の液状成分と、血液が固まってからの液状成分とは 血漿と血清というように違った名前がつけられていて、その内容も性質も異なったものとなります。

固形成分は45%、その大部分は赤血球です。 白血球と血小板は、遠心分離にかけると 比重の関係から固形成分の最上層に薄い白い層をつくります。

ページトップに戻る↑