脳神経の病気、脳動脈の病気

神経系\-3 脳神経と脳動脈目次

W 脳神経 X 脳の動脈

W 脳神経

脳幹(間脳、橋、中脳、延髄)からは、首から上の運動や感覚をつかさどる計12対の末梢神経がでています。

第1脳神経:嗅神経(視床を経由することなく、直接、嗅覚の中枢へ向かう。)

第2脳神経:視神経

第3脳神経:動眼神経(眼を上、下、内側に動かす。)

第4脳神経:滑車神経(眼を斜め下方に動かす。)

第5脳神経:三叉神経(上、中、下に分かれて顔面に分布し、顔の運動や知覚、そしゃくなどをつかさどる。)

笥6脳神経:外転神経(目を外側に動かす。)

第7脳神経:顔面神経(顔、額、舌、咽頭などに分布する。咽頭反射による嘔吐運動の中枢)

第8脳神経:内耳神経(内耳の蛸牛から聴覚の情報を伝える。)

第9脳神経:舌咽神経(舌や咽頭に分布している味覚、嚥下運動)

第10脳神経:迷走神経

第11脳神経:副神経〈頸部の運動をつかさどる。)

第12脳神経:舌下神経(舌の運動)

X 脳の動脈

脳を栄養する動脈には、左右の内頚動脈と左右の稚骨動脈があり 脳底でウィルス動脈輪(大脳動脈輪)をつくり、安全弁の役割をはたしています。

ウィルス動脈輪からは3方向に前、中、後大脳動脈が、それぞれ大脳の前・中・後部に分布しています。 これは脳の動脈に特有な配置で、動脈の1カ所に障害がおこってもほかの回路によって血行が保たれます。

中脳、橋、延髄、小脳には、左右の稚骨動脈および脳底動脈から血液がおくられています。 前大脳動脈は、脳の内面に分布し、前方2/3に血液を供給しています。

中大脳動脈はいったん脳の表面にでてからシルビウス側大脳裂をはしり、沢山の枝をだして脳の広い部分へ血液を供給しています。 後大脳動脈は、脳の後方や視床に血液を供給します。 小脳には、脳底動脈から3対の動脈がおくられます。 脳幹には、椎骨脳底動脈と大脳動脈が血液をおくります。 脳の血管の周囲にはグリア細胞があり、関所のような役割をはたしています。 これを血液脳関門といいます。 グリア細胞はもともと、神経細胞と同じものからわかれたものです。

酸素(02)、アルコール、一酸化炭素(CO)、二酸化炭素(CO2)は血液脳開門を自由に通れるため 一酸化炭素中毒や急性のアルコール中毒がおこるのです。

歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
川村明宏のジニアス記憶術
川村明宏のジニアス記憶術

ページトップに戻る↑