心筋と心臓を支配する神経・動脈

循環器系U-3 心筋と心臓を支配する神経・動脈目次

X 心筋について Y 冠状動脈 Z 心臓を支配する神経


【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

X 心筋について

心筋は、固有心筋と特殊心筋に分けられます。 固有心筋は血液の拍出を直接とりおこない 特殊心筋は興奮の自動的発生と伝導を行います。(刺激伝導系)

心臓の筋肉は、からだの他の筋肉と違う特徴を持っています。
  • 心臓の筋肉は刺激によって収縮したあと、多少休む期間を持ちます。
  • 自動性がある(からだの外に切り離しても、一定の条件下なら拍動を続けることができます)
  • 不随意筋であり、自分の意志で調節できない
  • 疲労しない

特発性心筋症 心筋自体に原因不明の問題がある心筋の変性病気。 拡張型心筋症、肥大型心筋症、拘束型心筋症に分けられる。

Y 冠状動脈

心臓自身も血管に栄養されています。 それを冠状動脈と呼びます。 左右一対で、大動脈の起始部から左右に分かれて心臓を取り巻いています。

1 右冠状動脈は、右心室と心室中隔の一部、房室結節へ血液を送ります。
2 左冠状動脈はさらに2つに分けて考えることが多いです。 前下降枝(ぜんかこうし)は、左心室の前壁と心室中隔の一部 回旋枝(かいせんし)は、主に左心室の側壁に血液を供給します。

虚血性心病気:心筋に血液供給の減少がおこり、急性ないし慢性の心機能不全に陥った病態。
狭心症:一過性の心筋虚血により、主に胸骨のあたりの狭心痛をおこす病気。 心筋梗塞:冠動脈の閉塞や狭窄によって、その血流域の心筋が壊死に陥った状態。

Z 心臓を支配する神経

心臓には迷走神経(めいそうしんけい・副交感神経)と交感神経の枝が分布しています。 迷走神経は心臓の運動を抑制する神経、交感神経は促進する神経です。

ページトップに戻る↑