膵臓の病気

内分泌系[-5 膵臓の構造と膵ホルモン 目次

U 膵臓


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

U 膵臓

膵臓は、消化液(膵液)を分泌する働きのほかに 膵臓内にあるランゲルハンス島の細胞から膵臓ホルモンを分泌します。 このホルモンは血糖抑に重要な役割をはたしています。

ランゲルハンス島の細胞は膵頭部よりも膵尾部に多いです。 ランゲルハンス島には、A細胞(α細胞)とB細胞(β細胞)があり A細胞は血糖値を上昇させるグルカゴンを分泌し、B細胞は下降させるインスリンを分泌しています。

1)グルカゴンの作用

グルカゴンは、アドレナリンと同様に肝臓のフオスフオリラーゼという酵素を働かせ グリコづンをブドウ糖に分解し血糖値を上昇させます。

2)インスリンの作用

インスリンは、末梢組織ヘブドウ糖を取りこみ、肝臓へのブドウ糖貯蔵(グリコーゲン合成酵素を働かせる)によって 血糖値を下げるように働きます。
インスリンを注射すると2〜4時間後に血糖値は最低になり、6時間後にもとにもどります。

3)血糖の内分泌調節

血糖は、常に0・1%の濃度に維持されています。 この血糖濃度の調節は、肝臓そのものの働き以外に各種のホルモンが関与しています。 インスリンは血糖を低下させる作用があるが、グルカゴンをはじめアドレナリン、 下垂体前葉ホルモン、副腎皮質ホルモンは血糖を高めようとする作用があります。 インスリンを注射して血糖を低下させるとグルカゴンやアドレナリンの分泌が盛んになって血糖が正常値にもどり グルカゴンまたはアドレナリンを注射すると血糖が高まってインスリンの分泌を促し、再び血糖は正常値にもどります。

Zollinger-Ellison症候群

:膵ランゲルハンス島非β細胞腫瘍でガストリン異常分泌を伴う病気である。 ☆

インスリノーマ

:膵ランゲルハンス島β細胞の腫瘍性増殖によりインスリンが自律的に分泌されて 低血糖症状がみられる病気。 ☆

グルカゴノーマ

:膵ランゲルハンス島のα細胞より発生する腫瘍で、グルカゴン過剰分泌をきたす病気。 ☆

WDHA症候群

:膵臓の異所性消化管ホルモン産生腫瘍と考えられる。 水溶性下痢、低カリウム血漿、胃無酸症を特徴とする病態。

ページトップに戻る↑